家電のリサイクル対象

リサイクル家電の対象とは

家電リサイクル法対象となるもの

家庭から排出される廃棄物は、以前までは自治体が収集して処理を行ってきました。しかし粗大ごみの中には、大型で重く、かたい部品が含まれているものも多く、粗大ごみとして処理できないものもありました。家電製品にはこれに該当するものが多く、処理が困難となりほとんどが埋められていたのです。そこで廃棄物の減量や、資源の有効化などの目的で、リサイクルの仕組みをつくるために制定されたのが、家電リサイクル法です。この法律の対象となるものとしては、エアコン、テレビ、冷蔵庫と冷凍庫、洗濯機の4品目があげられます。また平成21年には、衣類乾燥機もこの対象に加わりました。

小型家電のリサイクルについて

現代では不要になったものを捨てる際に料金が発生することが常識になりつつあります。しかし、最近では様々な法律も施行され、無料回収に力を入れている自治体も増えてきています。特に数年前に家電リサイクル法以外の小型製品でも収集して処理する法律が施行されたため、自治体によっては、決められた日に無料回収するところや特定の場所に回収ボックスを設置しているところが増えてきています。さらに、電子レンジなどある程度大きなものまで無料回収の対象にするなどその範囲も広がりつつあります。また、小型家電の回収には、専門の業者が窓口になって対応している場合もあります。このように上手にリサイクルできる環境が国主導で今まで以上に整いつつあります。

家電リサイクルの情報

新着情報

↑PAGE TOP